新原 功一

博士論文

内部不正による情報漏えいを誘発する要因に関する研究

論文 

発表論文

新原功一, 池上和輝, 菊池浩明, 新聞で報道される情報漏えい事故の属性分析, 第86会CSEC研究会, 2019.

論文 

新原 功一, 山田 道洋, 菊池 浩明, 共有アカウント利用時における不正行為の誘発要因, 情報処理学会論文誌,58(12), pp. 1875-1889, 2017. 2017年12月.

情報処理学会(外部リンク) 

Niihara K., Yamada M., Kikuchi H., Sharing or Non-sharing Credentials: A Study of What Motivates People to Be Malicious Insiders , Human Aspects of Information Security, Privacy and Trust, HAS 2017, Lecture Notes in Computer Science, vol 10292, pp. 353-365, Springer, 2017. 2017年7月.

論文  Springer(外部リンク) 

Yamada M., Niihara K., Kikuchi H., Decision Tree Analysis on Environmental Factors of Insider Threats , HCI International 2017 – Posters' Extended Abstracts, HCI 2017, Communications in Computer and Information Science, vol 714. Springer, pp. 658-662, 2017. 2017年7月.

論文  Springer(外部リンク) 

Hiroaki Kikuchi, Niihara Koichi, Michihiro Yamada, How Much is Risk Increased by Sharing Credential in Group? ,13th International Workshop on Security and Trust Management, STM 2017, LNCS 10547, pp. 103-117, Springer, 2017. 2017年9月.

Springer(外部リンク) 

新原 功一, 山田 道洋, 菊池 浩明, 共有アカウントは内部不正を誘発するか?(2), 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2017), 電子情報通信学会,1F1-1, pp. 1-8, 2017. 2017年1月.

論文 

新原 功一, 山田 道洋, 菊池 浩明, 共有アカウントは内部不正を誘発するか?, コンピュータセキュリティシンポジウム2016論文集,2016(2), pp. 617-624, IPSJ, 2016. 2016年10月.

情報処理学会(外部リンク) 

Koichi Niihara, Hiroaki Kikuchi, Primary Factors of Malicious Insider in E-learning Model., HCI (26) 2016: 482-487.

Springer(外部リンク) 

新原 功一, 菊池 浩明, eラーニングをモデルとした内部犯行の予測因子の識別, 情報処理学会論文誌, Vol. 57, No. 9, pp. 2064 - 2076, 2016. 2016年9月.

論文  情報処理学会(外部リンク) 

新原 功一, 菊池 浩明, eラーニングモデルにおける内部犯行誘発要因:個人属性,環境,成績,第20 回 曖昧な気持ちに挑むワークショップ講演論文集, pp. 37-42, 2015. 2015年11月.

論文   


© 2018 Kikuchi Lab.

〒164-8525 東京都中野区中野4-21-1 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科10F 菊池研究室