修士論文(2018年度,明治大学大学院先端数理科学研究科)

卒業論文(2016年度,明治大学総合数理学部)

ジャーナル

  1. Satoshi Ito, Reo Harada, Hiroaki Kikuchi, De-identification for Transaction Data Secure against Re-identification Risk Based on Payment Records, Journal of Information Processing, 2020, Volume 28, Pages 511-519. https://doi.org/10.2197/ipsjjip.28.511

    論文 

  2. Ito, S., Kikuchi, H. & Nakagawa, H., "Attacker models with a variety of background knowledge to de-identified data", J Ambient Intell Human Comput (2019). https://doi.org/10.1007/s12652-019-01394-z

    論文 

学会発表

  1. 伊藤聡志,池上和輝,菊池浩明,匿名加工情報の応用(1): 健康診断データとレセプトデータの分析とプライバシーリスク評価, Computer Security Symposium 2020 (CSS-2020), pp. 1222-1229, オンライン開催, 2020.

    論文  スライド 

  2. 池上和輝,伊藤聡志,菊池浩明,匿名加工情報の応用(2):各種傷病を予測する健康診断モデル, コンピュータセキュリティシンポジウム2020(CSS2020), pp. 1230-1237, 2020.

    論文  スライド 

  3. 伊藤聡志,菊池浩明,履歴データの数理モデルの提案とk-匿名化に必要なダミーレコード数推定への応用,第88回コンピュータセキュリティ研究発表会(CSEC-88), オンライン開催, 2020年3月.

    論文 スライド 

  4. 金子侑紀, 小野敦樹, 伊藤聡志, 菊池浩明, 服部充洋, 飯田泰興, 藤田真浩, 山中忠和, 匿名加工情報取扱事情者を調査するクローラーシステムの開発, 情報処理学会第82回全国大会, pp.3_447-3.448, 2020.

    論文  スライド 

  5. 伊藤聡志,菊池浩明,履歴データに対する匿名化モデルk-concealmentの改良手法の提案,Computer Security Symposium 2019 (CSS-2019), pp.1477-1484, 2019.

    論文  スライド 

  6. Satoshi Ito, Reo Harada and Hiroaki Kikuchi, "De-identification for Transaction Data Secure against Re-identification Risk Based on Payment Records",The 16th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence (MDAI-2019),USB proceedings, Italy, pp. 158-169. (September 2019)

    論文  スライド 

  7. 伊藤聡志, 原田玲央, 菊池浩明, [招待講演]複数用途からなる交通ICカードデータの再識別リスク分析(from AINA 2018), 信学技報, vol. 119, no. 40, ISEC2019-9, pp.45-46, 2019年5月.

    論文  スライド 

  8. 伊藤聡志,菊池浩明,攻撃者の平均識別確率を用いた匿名加工情報の再識別リスク評価モデルの提案と評価,第84回コンピュータセキュリティ研究発表会(CSEC-84), 名古屋, 2019年3月.

    論文  スライド 

  9. 小林祐貴, 中村幸輝, 伊藤聡志, 菊池浩明, 一般化匿名加工された購買履歴データのRFM分析有用性評価, 情報処理学会第81回全国大会, pp.3_425-3_426, 2019.

    論文  スライド 

  10. Satoshi Ito, Hiroaki Kikuchi and Hiroshi Nakagawa, Attacker Models with a Variety of Background Knowledge of Payment History, The 15th International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence (MDAI-2018),USB proceedings, Spain, pp. 178-189. (October 2018)

    論文  スライド 

  11. Satoshi Ito, Reo Harada and Hiroaki Kikuchi, Risk of Re-identification from Payment Card Histories in Multiple Domains, 2018 IEEE 32nd International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2018), IEEE, Poland, pp. 934-941. (May 2018)

    論文  スライド 

  12. 伊藤聡志, 菊池浩明, 中川裕志,背景知識の違いによる匿名加工データの攻撃者モデルの分類と評価, 情報処理学会, コンピュータセキュリティシンポジウム2017(CSS-2017), 山形, 2017年10月.

    論文  スライド 

  13. Satoshi Ito and Hiroaki Kikuchi, Risk of Re-identification Based on Euclidean distance in Anonymized Data PWSCUP2015, Advances in Network-Based Information Systems. NBiS 2017, Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies, vol 7. pp. 901-913, Springer, 2017.

    論文  スライド 

  14. 伊藤聡志, 原田玲央, 菊池浩明, 乗降と物販履歴データの識別リスク分析と匿名加工の検討, 第76回コンピュータセキュリティ研究発表会(CSEC-76), 神奈川, 2017年3月.

    論文  スライド 

  15. 原田玲央, 伊藤聡志, 菊池浩明, 商品の特徴による再識別リスクとクラスタリングを用いた購買履歴データ匿名加工手法の提案, 電子情報通信学会, 暗号とセキュリティシンポジウム(SCIS-2017), 沖縄, 2017年1月.

    論文  スライド 

  16. 伊藤聡志, 菊池浩明, ユークリッド距離を用いた再識別手法とPWSCup2015の匿名加工データを用いた評価, 情報処理学会, 第73回コンピュータセキュリティ研究発表会(CSEC-73), 鳥取, 2016年5月.

    論文  スライド 

受賞

  1. 匿名加工・再識別コンテストPWSCUP2018総合3位
  2. 匿名加工・再識別コンテストPWSCUP2016再識別賞
  3. 2016年度キャンドルスターセッション (CSSx2.0) 1等星


© 2018 Kikuchi Lab.

〒164-8525 東京都中野区中野4-21-1 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科10F 菊池研究室