池上 和輝

修士論文

準備中

発表論文

池上和輝,伊藤聡志,菊池浩明,匿名加工情報の応用(2):各種傷病を予測する健康診断モデル, コンピュータセキュリティシンポジウム2020(CSS2020), pp. 1230-1237, 2020.

論文 スライド

Kazuki Ikegami,Hiroaki Kikuchi,Modeling the Risk of Data Breach Incidents at the Firm Level
The 14th International Conference on Innovative Mobile and Internet Services in Ubiquitous Computing (IMIS-2020)

論文 スライド

池上和輝,菊池浩明,企業のサイバーインシデント予測~あなたの会社は何年後にサイバーインシデントを受けるか?~,
Symposium on Cryptography and Information Security 2020(SCIS-2020), 高知, 2020年1月.

論文 スライド

新原功一, 池上和輝, 菊池浩明, 新聞で報道される情報漏えい事故の属性分析, 第86会CSEC研究会, pp.1-7, 2019.

論文

Kazuki Ikegami, Michihiro Yamada, Hiroaki Kikuchi, and Koji Inui, Development of a Cyber Incident Information Crawler, IMIS 2019, AISC 994, pp. 447–455, 2019.

論文 スライド

鈴木洋祐

修士論文

準備中

発表論文

準備中

半澤映拓

修士論文

準備中

発表論文

Akihiro Hanzawa, Hiroaki Kikuchi, Analysis on Malicious Residential Hosts Activities Exploited
by Residential IP Proxy, 21st World conference on Information Security and
Application(WISA2020), pp. 406-417, 2020.

論文 スライド

半澤映拓,菊池浩明,Residential IP Proxyサービスに悪用される住宅用ホストの調査,Computer Security Symposium2019(CSS-2019), pp.918-925, 2019.

論文 スライド

松本寛輝

修士論文

準備中

発表論文

松本寛輝, 菊池浩明, Bitcoin取引履歴の特徴量に基づくアドレス識別リスクの評価, コンピュータセキュリティシンポジウム2020(CSS2020), pp. 512-518, 2020.

論文 スライド

Hiroki Matsumoto, Shusei Igaki, Hiroaki Kikuchi, Address Usage Estimation Based on Bitcoin
Traffic Behavior, The 23rd International Conference on Network-Based Information Systems(NBiS-2020), pp. 188-199, 2020.

論文 スライド

松本寛輝, 井垣秀星, 菊池浩明, Bitcoinサービス業者と利用者アドレスの種類の推定と評価, 第182回DPS・第88回CSEC合同研究発表会, 2020.

論文 スライド

井垣秀星, 松本寛輝, 菊池浩明, カナダにおけるBitcoin ATMの利用者調査, 情報処理学会第82回全国大会,pp.3_411-4_412, 2020.

論文

山崎孝順,草野蘭ノ介,井垣秀星,松本寛輝,菊池浩明,取引件数の時間分布の相関を用いたBitcoin取引所のユーザのタイムゾーン推定, 情報処理学会第82回全国大会,pp.3_407-3.408, 2020.

論文 スライド

© 2018 Kikuchi Lab.

〒164-8525 東京都中野区中野4-21-1 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科10F 菊池研究室